自宅にある小さなあとりえから        教室のコト・日々のコト・・・
by hanaaoi171
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
春の花教室
4月、新年度のスタートですね。
ブログの投稿の仕方が変わった為、それについていけず悪戦苦闘しています。
画像のアップロードが上手くいかなかったりで…掲載できない写真もあり残念ですが できる限り花教室のことをお伝えしていきますので、レッスンにお越しいただけない方も お花に関する記事を是非お読みになってくださいね。

3月の花教室は、春の香りに包まれました。
チューリップ、ラナンキュラス、アネモネ、ヒヤシンス、ミモザ、ムスカリ、… 
春はお花の種類が豊富で、市場には新しい品種のお花も並んでいてワクワクします。
今年はラナンキュラスの新顔ちゃん達に惹かれました。
ポンポン咲きのシレンテは白×グリーンがとっても綺麗なラナンキュラスで、大きく開いた姿も美しいです。

仕入れたお花達は、毎回丁寧に水揚げをして より新鮮で長持ちするような状態にしています。
水揚げの方法はお花に合わせて行いますが、焼く、叩く、削る、折る、割る、湯揚げなど…
葉やトゲなどの処理も一本ずつ行い、扱いやすくすること、きれいに整えることも大切です。

c0237877_16122034.jpg

春の【四季折々】のレッスンのテーマは 『鳥を呼ぶ春』。
ワークショップは、『ミモザとユーカリのリース』でした。
参加された皆さんは、春の香りの中でお花との触れ合いを楽しまれました。

c0237877_16200330.jpg
c0237877_15563649.png
c0237877_16143445.jpg
c0237877_16542730.jpg
子どもたちの花あそびも、春らしい作品に仕上がりましたよ。
お花は種類によっては 茎がとても柔らかいものもあります。
オアシスに挿すときに、力の加減や挿し方に注意しないと茎が折れてしまうことも…
子どもたちにはお花の扱いかたを繰り返し伝えていくようにしています。
すると、回を重ねるごとに慣れてきて お花を痛めてしまうことも少なくなくなってきます。
お花に対して、優しい気持ちになれるんですね。
優しい気持ちを育むことも 花育の目的です。
子どもたちが優しい気持ちで活けた作品は、お花が喜んでいるように見えますね。




c0237877_16065638.png
次回の花教室の開催は、5月下旬を予定しています。
日程が決まり次第ご連絡いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。
花葵主宰 岩澤直子

by hanaaoi171 | 2017-04-01 16:32 | 花教室のコト、花のコト | Comments(0)
<< 春から初夏へ 春を待つ >>


「花葵」オリジナル商品はこちらでお求めになれます。


「花葵」BLOG バナー


カテゴリ
以前の記事
最新の記事
和ばら
at 2017-06-05 08:12
薔薇を愛でる
at 2017-06-02 16:35
花育
at 2017-06-01 17:38
薔薇の季節
at 2017-05-09 10:47
春から初夏へ
at 2017-04-27 12:27
最新のトラックバック
外部リンク
最新のコメント
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧